2015/07/10 fri 管理栄養士

バナナの栄養

featured-banana-quality-picture-material_38-4297[1]

 

 

年中お手頃価格でスーパーで買うことのできるバナナ。

食物繊維やビタミンが豊富で、美容に健康にと良いこと沢山の果物なんです。

バナナは100gで86キロカロリー。小さめのバナナが100g程度の大きさです。

バナナ2本を食べて約170キロカロリー。

86キロカロリーはチョコレートやクッキーの2~3個分にあたることを考えると満腹感もちがいますね。

 

よくスポーツの栄養補給にバナナがあげられます。 というのも、バナナの糖質はでんぷん、ブドウ糖、果糖、ショ糖など色々な糖質を含んでいます。

それぞれ吸収される時間が異なっているので、エネルギー補給が長時間持続します。

スポーツ選手が試合前に食べるのもエネルギー補給に適しているからです。

 

また、バナナはカリウムも豊富で、長時間のスポーツによる筋肉の痙攣を予防する働きもあります。

ただし、代謝異常のある場合はカリウムの摂り過ぎは好ましくないのでバナナはおすすめできません。

 

ほかにもビタミンB軍が豊富で、ビタミンB1、B2、ナイアシンが含まれています。

ビタミンB1は糖質の分解に必要なもので、不足すると疲れやすくなったりします。

ビタミンB2は脂質、糖質の分解に必要なもので、不足すると目や口の粘膜に症状があらわれます。

ナイアシンは糖質・脂質・たんぱく質の代謝に必要な栄養です。

 

ヨーグルトやきなこと一緒に食べるとさらにパワーアップ!

朝食やおやつにバナナはいかがでしょうか?