2016/06/28 tue 藤本

北海道選手権水泳競技大会 選手サポート

2年ぶりに北海道選手権(国体予選)の水泳サポートでした。

水泳選手のサポートは10年前からしておりますが、国体予選は2年ぶり

水泳選手は水のスポーツ。なので、陸上のケアとは若干違います。

フリー、バッタ、バック、ブレストそれぞれの泳ぎ方の特徴があり、ケア方法も変わってきます。

大会サポートというと、マッサージをしに行く方が多いですが・・・別にマッサージがダメではないのですが。

せっかく、この日のために調子を整えている選手。マッサージではたして緩めていいのでしょうか?

特に、試合前にマッサージ??答えは選手がもっており、どうしたいのかを聞きます。

足が重たい!肩がだるい!身体全体が重たい!などなど

でも、緩めてしまって調子が悪くなるリスクがあるからこそ、私は筋肉に刺激を入れるコンディショニングトレー二ングを選択します。

だって、レース前だって、身体を一生懸命叩いて筋肉に刺激入れてるじゃないですか。

体幹に刺激を入れたり、対角のトレー二ングでバランスをとったり、PNFや呼吸で刺激を入れるのもありかなと・・・

でも、どうしてもマッサージをして欲しくなる選手が多いのが現状。そういう選手は私のところには来ませんが!!

緩める=パフォーマンスが上がる イコールではないと思います。

そして、現場では日頃新琴似中央整骨院に通ってくれている選手以外サポートできないのです。それは、日頃コンディショニングに来てくれてていれば、どうすれば良いのかがわかります。

でも、会場で初対面でケアをしてください。というのは、私も選手にもリスクがあるのでお断りしております。だって、日頃の練習で試していないから・・・わからないのです。

なので、当日のケアは日頃診て理解している選手のみを行っているのです。そして、ボソッと一言言われました。トップ選手しか診てくれないらしいよ・・・

違います!!日頃来てくれている選手は、ケアに対してもアスリートだから、コンディショニングについても真剣だし、いろいろ情報を教えてくれ、ケアについても真剣に向き合っています。だから大会でも良い結果を出してくれていると思います。なので、トップ選手だけではありません。どんなアスリートでも対応します。

来週はインターハイを決める高校生の大会です。

ピークは大会ですからね!!今から徐々に上げて、大会で良い成績が出ますように!!

IMG_6357