2016/11/24 thu 藤本

画像分析でよりわかりやすく説明

当院で最近導入した、ipad アプリを使って、運動指導がより明確に伝えることができるようになりました。

例えば、シュートを打つ練習のスクワット。

背中とスネの方向性を確認できます。背筋や腹筋が弱いと、背中が丸くなってしまったりします。

このように、画像を使うと、はっきりわかりますよね。

当院では、治療のアスレチックリハビリテーションでもどんどん使っていき、皆さんの怪我予防に貢献できればと思っています。

Image-1